2016年07月02日

デルタでパラオへ

数日前、友人とパラオへ行って来ました。


日本からの直行便は成田から週2便デルタが飛んでいます。※機種はB757

機内は清潔でキレイでしたが

テレビモニターもイヤホーンも搭載されてなくてちょっと退屈でした。


エコノミーの機内食のお寿司は女子的にはボリュームがありお腹いっぱいになりました。

DSC07051k.JPG

たった4時間なのでエコノミーで十分です!


到着は深夜なのでそのままホテルで就寝。

DSC07056k.JPG

星無しのホテル(ガーデンパレス)でしたがこんなに広くてキレイです。

オーナーさんが日本人なのでスタッフさんの教育がとても行き届いていました。


翌日は予定を入れてなかったので街をブラブラ。

まずは現地のビールでカンパイ!

DSC07077p.JPG

とても美味しかったのでスーパーで探して夫用に買って帰りました。


この建物、素敵なカフェと思いきや

DSC07076k.JPG

簡単なイスが置かれているだけの地元人のおしゃべりスペースでした(^^;


この日は気温・湿度共にとても高く日中街には殆ど人は歩いていませんでした。


ちなみにパラオには"信号が存在しない"為道路を横断する際は

自力で車を停止させて渡ります。ちょっとスリリングで楽しかったです(^^)


翌日は楽しみにしていた海。

DSC07113k.JPG

今までに見た事のないすごい透明度で超感動です!


シュノーケリングや海底泥パックも体験しました。

DSC07106k.JPG

海ツアー代金95ドル+海税50ドルが必要。


翌日は滝ツアー(&パワースポット)に参加。

この岩はいつ誰が何の為にどうやって運んだのか全く不明のミステリーストーンです。

DSC07162k.JPG

パラオにはない成分で作られてる岩なので益々ミステリー('Д')


滝にむかってジャングルを歩いていたら友人が岩の上で転倒。

DSC07136k.JPG

ホテルに帰ってからも痛みが治まらず熱まで出たので病院へ('Д')


そこは総合病院にも関わらず医療機材が無くドクターの知識も不十分で初期対応のみ。

例えば癌になってもパラオでは治療不可能なので

グァムまで行かされるそうです。もちろん自費でーー。


パラオで重篤な症状になった場合は"死"を覚悟しなければ、と実感((+_+))


しかしながら病院での初期対応のおかげで友人は痛みも熱もなくなり

無事帰国できました(^.^)


美しいパラオ

DSC07109k.JPG

サイコーだったな〜。


5日ぶりに帰宅。エマちゃん大喜びしてくれて嬉しかったです。


昨日は2か月ぶりにトリミングへ行って来ました。

DSC07180e.JPG

いつものサロンではありませんが可愛く仕上げて頂き満足です。

今夜このビール飲みながらエマちゃんにパラオを語ります。

ニックネーム エマママ at 10:49| ◆旅行・泊まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする